ホワイトペーパー

仮想化を推進したらバックアップが複雑化!深刻な弊害に悩んだ千代田化工建設が選択した一手とは!?

ヴィーム・ソフトウェア株式会社 2019年07月22日

本資料は、仮想化基盤のバックアップに大きな問題を抱えていた千代田化工建設が、劇的なバックアップ時間の短縮などに成功した事例です。

同社はオンプレミス環境に構築された複数の基盤がサイロ化していった経緯があり、統合仮想化基盤の導入を積極的に推進していました。最終的に数百台のサーバの半数近くを仮想化した一方、その結果として浮上してきたのが「従来のバックアップが全く追いついてこない」という新たな問題でした。

「部門により複数社のバックアップ製品を使用」「とにかく時間がかかる」「バックアップウィンドウ内に完了しない」などの非効率が重なり、「そのトラブル対応などに年間で300時間も費やしていた」とも担当者は振り返り、いかにバックアップが全体の負荷を増大させていたか、資料で語られています。

その解決の糸口となったのがVeeamのソリューションでした。
まずは勤怠管理システムのバックアップから導入を開始し、著しい成果が得られたことで、今後は企業全体にまたがるバックアップ統合基盤としてVeeam導入を進めています。

「従来は3時間かかっていた新サーバの初回バックアップが、わずか3分で完了した」と担当者は振り返っています。同じような課題に悩む企業の担当者は、ぜひダウンロードの上、ご一読ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]