編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

ホワイトペーパー

【事例】ベンチャーキャピタルにおける契約業務の最適化。コーラルキャピタルが導入した「契約の型」とは。

株式会社Holmes 2019-12-09

コーラルキャピタル は、500 Startups Japan の創業チームによって 2019年に立ち上げられた、シードステージのスタートアップのためのベンチャーキャピタルで、国内のスタートアップ投資を牽引する存在だ。

しかしスタートアップを対象とした投資事業では、少人数で正確性を担保しつつ投資プロセスのスピードを維持しなければならず、さらに顧客ごとの投資契約進捗状況が煩雑で把握しにくいという課題がある。どうすればフロントでのスピードを維持しつつ、バックオフィス業務ではコンプライアンスなどを含めた正確な契約進捗管理が実現できるのか。コーラルキャピタルにとって攻めの投資業務を実現するためにバックオフィス業務の最適化は最大課題であった。

本資料はベンチャーキャピタルであるコーラルキャピタルが自社の投資プロセスに基づく「契約の型」をホームズクラウドで設計し運用したことで、少ない人数でも契約業務を迅速かつ正確に遂行し、業務効率化に成功した事例となっている。契約などのバックオフィス業務は特定の業種に限ったものではなく、全ての業種・業態において必須の業務だ。さらに人材不足が危惧される今、デジタルを活用したベストプラクティス化によるバックオフィス業務のカイゼンは全ての企業の課題と言える。

本事例での取り組みは全ての企業にとってカイゼンのヒントと言えます。詳細はダウンロードのうえ、ご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]