編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ホワイトペーパー

SonicWallが新たに提唱する統合セキュリティ管理とセキュアWi-Fiアクセスポイント全貌を公開

ソニック・ウォールジャパン株式会社 2019-10-10

SonicWall CAPTURE SECURITY CENTER (CSC)は、UTM機器に加え、エンドポイント、クラウド、Wi-FiアクセスなどSonicWallのすべてのセキュリティ製品を単一画面で統合管理するセキュリティマネジメントシステムです。ソフトウェアのアップデート、設定変更、セキュリティリスクの監視、コンプライアンスの実施、さらにレポーティングと分析、サイバーリスク管理、これらすべての機能に容易に素早くアクセスできます。
今日セキュリティ管理者が不足し、社内外のマネージドセキュリティサービス(MSS)を利用するケースが増えています。CSCは多拠点のリモート管理、SD-Branch MSSを実現する強力なツールです。
CSCの管理対象の一例として、複数のWi-FiアクセスポイントSonicWaveの管理があります。
SonicWaveはクラウドサンドボックスCapture ATPと連携し、未知のマルウェア対策、URLフィルタリングなどの豊富なセキュリティ機能を実装しています。さらにCSCのZero-Touch機能により、技術者不在の環境でもSonicWaveの導入は容易になります。

当資料では、SonicWallが提唱する統合セキュリティ管理CSCと、セキュアWi-FiアクセスポイントSonicWaveについて詳細をご説明します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]