編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

ホワイトペーパー

エンドポイントセキュリティ(次世代AV + EDR)

ソニックウォール・ジャパン株式会社 2020-02-24

ランサムウェアやその他のマルウェアによる脅威が増加し続けていることは、ユーザーを保護するソリューションがエンドポイントでのコンプライアンスのみでは十分ではないことを証明しています。従来のウイルス対策テクノロジーはシグネチャベースのアプローチを使用しており、次々と出現するマルウェアと最先端の回避技術のペースについて行くことができません。さらに、在宅勤務やモビリティ、BYODの急増に伴い、どこからでもエンドポイントに一貫した保護を提供することが 急務となっています。
SonicWall Capture Clientは、複数の保護機能を併せ持つユニークなエンドポイント製品です。SentinelOneによる次世代マルウェア対策エンジンを搭載するCapture Clientは、機械学習、ネットワークサンドボックスとの連携、システムロールバック、デバイスコントロールといった最新の脅威に対する高度な保護方法を実現しています。さらに、Capture Clientは、認証済みのTLS証明をインストールおよび管理することにより、SonicWallファイアウォール上で暗号化されたTLSトラフィック (DPI-SSL) を精査します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]