編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

ホワイトペーパー

オンプレでのミッションクリティカルな業務、そこで求められるサーバの総合力とは?

シネックスジャパン株式会社(EGC) 2020-01-20

本資料は、クラウド時代だからこそ、逆に選択肢として重視されるようになった「オンプレミスシステム」をいかに確実に構築していくのかを解説したものだ。

この場合のシステムは、高い能力が要求されるものであり、だからこそ、コストとパフォーマンス両面でのバランスが大切だ。事例として、自動車メーカーのウェブサイトでの見積もりシミュレーションシステムを取り上げ、特別に高い処理能力を求められるシステムを構築する際、クラウドよりも、やはりオンプレミスでという判断がとられることが多いことを明かし、その場合、どのようなことに留意して構築に取り組むべきかを解説している。

 こうしたシステムの要になるのは、やはりサーバの能力だ。ミッションクリティカルなデータを扱う場合は、サーバ自体のセキュリティ能力も問われることになる。本資料では、この能力について、Hewlett-Packard Enterprise(HPE)のx86サーバ「ProLiant DL360 Gen10」を取り上げて解説している。安定稼働を支える基本的なプロセッサ、メモリのスペックにとどまらず、ワークロード自働設定機能なども解説されている。またファームウェア改ざん攻撃に対する防御、検知、復旧機能などについても、詳細に解説されており、これからのサーバ製品の選択に何をポイントにすればよいかも理解できる。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

関連ホワイトペーパー

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]