編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

ホワイトペーパー

vSphere5.5サポート終了をきっかけにIT基盤を再構築。そのとき考慮すべきことは?

シネックスジャパン株式会社(EGC) 2020-03-27

ヴイエムウェアが提供する「vSphere ESXi 5.5」の延長サポートが2020年9月に終了する。この問題と並行して、サーバーやストレージなどハードウェアのサポート終了も考えなくてはならない。これをきっかけに、IT基盤の見直しを検討する企業も少なくないだろう。

このとき、どんなことをポイントに新たな基盤を検討すべきなのか? ポイントとして挙げられるのが、IT担当者の運用負荷を軽減できる基盤にするということだ。ビジネスにおけるITの役割が増すなか、人材不足もあいまって、IT担当者は少しでも運用管理業務を軽減し、より付加価値の高い業務にシフトしていく必要がある。また、近年多発している自然災害への対応やマルウェアへの対策なども同時に進めたいところだろう。

そうしたニーズに応えるのが、HCI「HPE SimpliVity」だ。本資料では、「重複排除」や「バックアップ」といった機能面はもちろん、3層構造の社内システムが要因で運用管理の属人化が進んでいたある企業の導入事例とその後の成果まで、HPE SimpliVityのメリットを紹介する。管理・運用負担を軽減できるIT基盤の構築を目指しているIT担当者に、大いに役立つ資料となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]