編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

ホワイトペーパー

【事例】IoTハッキング、内部関係者による脅威etc…高度な攻撃にAIで自動対処した7ケース

ダークトレース・ジャパン株式会社 2019-12-23

現在のサイバー攻撃は急速に自動化が進んでおり、数年前に比べて遥かに防御が難しくなっている。このように極めて深刻化する脅威と合わせて、デジタルビジネスの複雑化や多様化、さらにはネットワーク規模の拡大が、サイバー攻撃のリスクをさらに増大しているのである。

こうした高度化するサイバー攻撃に対し、疑わしい活動のかすかな兆候も、ビジネス環境において何が正常かを常に学習することで、異常な通信が発生した際に自動的に対処するAI技術の活用によりリアルタイムな防御を可能としたのがDarktraceである。本資料には、内部関係者からの脅威やランサムウェア、IoTを含む攻撃など7つの事例について、いかにDarktraceを使うことで自動検知し、脅威を未然に防御できたかを解説している。最新の脅威に対するサイバーAIを駆使した対策法を実例から学んでいただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]