編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

ホワイトペーパー

高度化・自動化が進む最新のサイバー攻撃への対処に、AIによる自動対処が有効な理由

ダークトレース・ジャパン株式会社 2019-12-23

ネットワークの拡大、各種クラウドサービスやIoTなどの新技術の普及は、サイバー攻撃者にとっても侵入ポイントの多様化につながっている側面もある。一般に、これまでのセキュリティツールは「良性」または「悪性」の動作を事前に定義することによって既知の脅威を特定しブロックするものだった。しかしこのアプローチでは、新しい脅威を検知できないのである。

そうしたなか、サイバーAI技術を駆使することで、史上初めて、内部ネットワークの脅威をAIが自動遮断する自動対処テクノロジーを実現したのが「Darktrace Antigena」だ。本資料では、最新の高度な脅威であっても自動的に無害化し、その拡散をリアルタイムに阻止できるDarktrace Antigenaの詳細について解説している。まずは目を通してみていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]