編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

ホワイトペーパー

サイバー脅威の94%がメールの“受信箱”に端を発しているという衝撃の事実!AIを駆使した対策が急務に

ダークトレース・ジャパン株式会社 2020-03-05

あらゆるビジネスにおいてEメールをはじめとした各種コラボレーションプラットフォームはもはや当たり前のように日々利用されている。しかしながら、それは同時に企業にとってリスクの増大も意味する。なぜならば、信頼を大前提としたシステムであるEメールはサイバー攻撃の前では極めて脆弱であるからだ。その証拠に、今日のサイバー攻撃のうち実に94%が、Eメールの“受信箱”から見つかっているのである。

とりわけ、昨今国内外で猛威を奮っている標的型Eメール攻撃は、トラフィックのみを解析する従来型防御システムでは防ぎ切ることが難しい。そのため現在のEメールセキュリティには、これまで以上に変化する脅威に対抗するためのイノベーションそしてマインドセットの転換が求められてくるのだ。

このような背景を踏まえて本資料では、偽の請求書に隠されたマルウェアや地方公共団体のアドレス帳流出事件、連続サプライチェーン攻撃、自動化された総当たり攻撃など、最新の脅威動向と被害事例について詳しく解説している。Eメールデータだけでなく、送受信者の挙動まで常時機械学習し、ユーザーのネットワーク上の通信パターンとEメールコミュニケーションにおける閲覧行動、組織に属する個々人のアイデンティティに関する様々な指標を関連付け、より広範な組織の文脈でEメールを自動的に分析することで脅威を未然に検知できる唯一のソリューションであるダークトレースの「Antigena Email」の有効性にも触れられているので、ぜひ目を通していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]