ホワイトペーパー

事例から学ぶデータドリブン、弾力性に富むビジネスを実現する4つの戦略と手法

Talend株式会社 2020-10-19

世界は劇的にそして目まぐるしく変化している。企業は将来を見据え正しい意思決定と投資を行うことが求められている。そこで重要になるのがデータだ。データドリブン(データ駆動型)企業は、一般的な企業よりもより成功しやすいとされる。事実、マッキンゼーによると分析や知見を得るためにデータを使用している企業では、より多くのユー ザーを獲得する可能性が23倍、平均以上の利益率を達成する可能性は19倍も高くなるという。ポイントはデータを活用することで弾力性に富んだ回復力の高いビジネスを実現できることにある。

本資料は、高い成果を出したデータドリブン企業の事例をもとにそうしたレジリエントなビジネスを実現する4つの原則を解説したホワイトペーパーだ。医薬品メーカー、ビールメーカー、出版社の事例が紹介されている。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]