編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

ホワイトペーパー

米スーパーマーケットの事例にみる「新しい小売業の取り組み」-変わる顧客の行動・ニーズへの対応

ドーモ株式会社 2021-03-05

新型コロナウイルス感染症により絶えずビジネスの状況が変化するなど、不確実性が高まりつつある。このような危機的状況下において特に重要視されるのが、リアルタイムデータの活用だ。リアルタイムデータを活用することで、顧客がいま何を求めているのかという現状の見極めや、次に取るべきアクションは何かの判断が可能になる。だが、残念ながら多くの企業では、組織に眠る大量のデータの活用方法を模索している段階にある。

たとえ緊急事態に陥ったとしても、組織に蓄積されたデータを可視化・分析し、迅速な意思決定に活かすことができるデータ分析プラットフォームを導入していれば、状況打破の活路を見出せるようになるだろう。では、データ分析プラットフォームを使うことで、具体的にどのようなことが実現するのだろうか。

本資料では、アメリカ・ユタ州にある老舗高級スーパーマーケットチェーンのHarmonsにおけるリアルタイムデータ活用事例を紹介。同社では、クラウド型BIプラットフォーム「Domo」を利用していたため、ビジネスの動向予測が難しいコロナ禍において、迅速な状況把握と適切なアクションを実行できたという。また本資料では、Harmonsの営業チームが具体的にどのような行動を取ったのかを紹介するとともに、Domoの製品概要や導入メリットを解説している。リアルタイムデータをビジネスインパクトに変えるための手段をお探しの方は、ぜひともご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]