編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

ホワイトペーパー

データドリブンを根付かせるために――組織文化を変え、新たな価値を生みだすデータアンバサダーという存在

ドーモ株式会社 2022-03-30

世界規模で進むデジタル化の波の中で、あらゆる業種、業界のビジネスモデルが、デジタル技術の力で否応なく変化している。そして、こうした変化に適応できなかった企業は市場から淘汰されていく。多くの企業がデジタル・トランスフォーメーション(DX)に積極的に取り組む理由はここにある。そしてDX を構成する要素のひとつに、IT によって蓄積されたデータから、これまで市場に存在しなかった新しい価値を創出するデータ活用の実現が上げられるが、データ活用の動きは今に始まったことではなく、何年も前から企業で取り組まれてきている。
しかし、いまだに満足できる状態になっていないのはなぜだろうか。そこには技術的な課題の他に、組織文化的な課題もあると言える。
本資料では、データ活用文化を企業に根付かせ、データドリブンなビジネスを実現する「鍵」としてデータアンバサダーという存在を提唱する。データアンバサダーは、従来のデータ活用推進のリーダーであったCDO(チーフ・データ・オフィサー)やデータサイエンティストとは、全く違う存在だ。資料の中では、そうしたデータアンバサダーの役割や求められるもの、さらにデータアンバサダーによってどのように企業組織のデータ活用への意識が変わっていくのかを解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]