編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

ホワイトペーパー

人事労務担当者向け2022年法改正ガイド、高齢者雇用、企業年金、育児支援・女性活躍どう変わる?

株式会社SmartHR 2022-07-15

2022年の人事労務関連の法改正は計18にも及び、情報を収集するのも一苦労だ。法改正によって人事・労務担当者の実務はどう変化するのか。主なポイントとしては以下が挙げられる。
■高齢者雇用関係
・高年齢被保険者の特例を定める「雇用保険マルチジョブホルダー制度」の新設
・在職老齢年金制度の見直し
 など3項目
■企業年金関係
・確定拠出年金の受給開始時期の75歳までの延長
・企業型DCの加入可能年齢の70歳への引き上げ
 など4項目
■育児支援・女性活躍関係
・育児休業等に関する雇用環境整備・個別周知の義務付け
・有期契約労働者の育児休業取得要件の緩和
 など7項目
■多様な働き方(高齢者・育児以外)関係
・疾病手当金の支給限度期間の変更
・中小企業に対するパワハラ防止措置の義務づけ
 など4項目

 本資料では、2022年人事労務関連の法改正について、人事労務担当者としておさえておきたい内容や対応事柄を網羅的に解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]