編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

ホワイトペーパー

もったいない精神が損を招くかも!?EDIを刷新した方が良いかもしれない7つの理由

デル株式会社(Boomi, A Dell Technologies Business) 2020-03-23

企業間の電子取引では欠かせない存在である「EDI(電子データ交換)システム」。小売業だけではなく、製造業や金融機関、医療機関などの業界では、依然として重要な役割を担っている。低速ネットワークに合わせて設計されたEDIプロトコルは、非常にコンパクトで効率的なものであるため、紙による出荷、受領プロセスと比較すると大幅なコスト削減を可能にする。

しかし、従来のEDIソフトウェアには重大な欠点がある。EDI通信は業務取引として不可欠ではあるものの、レガシーなシステムを使い続けると拡張性や可視性などに乏しい。また、現在のクラウド中心のビジネス環境に合わせて設計されていないため、旧式の製品を使い続ければビジネスが停滞する恐れもある。

以下の資料では、7つの観点からEDIシステムを最新化すべき理由を解説。その上で、クラウド時代に対応したEDIシステムを提案し、その概要を紹介している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]