編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ホワイトペーパー

【事例】クラウドネイティブとレガシー。両方のアプリをオープンソースで一括管理

レッドハット株式会社 2020-03-11

本資料は、東南アジア最大の金融テクノロジー企業Ascend Moneyによる、アプリケーションの開発とデプロイのための一元的プラットフォーム構築の過程をレポートしたものだ。同プラットフォームは、Red Hat OpenShift Container Platformで標準化され、アプリケーション開発とデリバリープロセスが透明化し、シンプルになった。これによりAscend Moneyではビジネス製品とサービスを容易に拡張し、顧客の要求に迅速に対応できるようになった。

同社はRed Hatコンサルティングの支援を受けて設計と実装を完了し、現在は顧客向けの支払いおよび取引管理のアプリケーションを含め、レガシーなコア・アプリケーションと新しいクラウドネイティブ・サービスの両方をOpenShift Container Platformで実行している。オープンソース・テクノロジーによるIT基盤の改革は、ともすれば、新しいアプリケーションのために用意されるイメージがあるが、本資料で取り上げられる事例は、新旧両方のアプリケーションサービスを含めて同じプラットフォーム上で稼動させるという好例だといえる。

こうしたニーズを指向するユーザーは国内でも多く、良い参考資料となるはずだ。ぜひご確認いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]