編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

ホワイトペーパー

【事例:JBS】散在していたナレッジを集約し、ハイ・レスポンスな顧客サポート体制へと刷新

Service Now 2020-03-25

いかにして顧客満足度を高めるかというのは、業種業態を問わず企業にとっての最重要テーマであることは言うまでもない。そして顧客満足度を高めるための“王道”のアプローチとなるのが、顧客からの様々な問い合わせに迅速かつタイムリーに対応できるよう体制を整えることだ。

サービス提供基盤を再構築することで、顧客満足度を高めるための体制づくりに成功した企業の1つとして挙げられるのが、日本ビジネスシステムズ(JBS)である。かつて同社では、サービス提供のためのナレッジが散在しており、問い合わせに円滑に対応できていなかった。しかし、ServiceNowのカスタマーサービスマネジメント(CSM)を導入することで、電話とメール以外にも多様なコミュニケーション手段を利用可能にし、迅速かつタイムリーな問い合わせ対応を実現したのである。

本資料では、ITSMのベストプラクティスであるITILと、ナレッジ・マネジメントのベストプラクティスであるKCSの2つに準拠しているServiceNowのCSMの活用により、同社がいかにして顧客満足度の向上を実現したのか、その道のりを担当者たちの生の声を交えて紹介している。ぜひご参考にしていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]