編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

ホワイトペーパー

ネットワーク帯域の逼迫をどう解決するか? 実用段階に入ったSD-WANを解説

JBCC株式会社(MS) 2020-03-23

Office 365をはじめSaaSを中心としたパブリッククラウドの利用増加により、ネットワーク帯域の逼迫が問題視され始めてきた。現在稼働しているデータセンター集約型のネットワークは、パブリッククラウドの利用を前提として構成されていないため、ネットワークトラフィックが一部に集中し、レスポンスの遅れが発生してしまうという課題がある。

その課題の解決策の1つに挙げられるのがSD-WANだ。その中でも「VMware SD-WAN by VeloCloud」には、特に高い関心が寄せられている。では、VMware SD-WAN by VeloCloudがもたらす価値とは具体的に何だろうか。

本資料では、JBCC主催のセミナーで実施された「SD-WANは実用段階へ! VMware SD-WANで実現するクラウドネイティブネットワーク」と題したセッションの様子をレポート。「複数回線を束ねて通信品質改善」「アプリケーションの可視化」「ローカルブレイクアウトを可能にする柔軟性のあるデザイン」といったVMware SD-WAN by VeloCloudのメリットを紹介するとともに、ネットワーク設計のポイントを解説している。

スケーラブルなネットワーク構築が実現するヒントを示しているため、本資料をきっかけに今一度、自社のネットワーク設計を見直していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]