編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ホワイトペーパー

企業におけるデータガバナンスの現状と5つの構成要素におけるデータ管理・活用を現実解

Snowflake 株式会社 2021-09-29

これまでデータガバナンスの必要性が叫ばれることがたびたびあったが、その背景にはGDPRや個人情報保護法、SOX法対応などがあり、コンプライアンスの結果という側面が強かった。しかし近年、DXが進み企業におけるデータの価値が高まるにつれ、意思決定やビジネス強化のためのデータ活用の観点からもデータガバナンスの重要性が高まっている。そのため多くの組織・企業でデータガバナンスプログラムの導入が試みられているにも関わらず、実際に計画段階から脱却し具体的な取り組みを実現できている組織・企業は圧倒的に少数なのが現実だ。本資料では、調査をもとにした企業の現状のほか、なぜデータガバナンスプログラムの導入が進まないかの考察、さらには高度なデータガバナンスを実現するために、データアーキテクチャ、データ品質、データ管理、データセキュリティ、データコンプライアンスといった5つの構成要素における取り組みの現実解を解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]