編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

ホワイトペーパー

約5億円のコスト削減や収益増加の事例も─調査からSnowflakeがもたらす数々の恩恵が判明

Snowflake 株式会社 2022-02-17

競争の激しい現在のビジネス環境では、あらゆる機会においてデータとアナリティクスを利用かつ応用して製品とカスタマーエクスペリエンスの差別化を図ることが強く求められている。そのため多くの企業では、データを収集、処理、分析するために多くの製品およびサービスを保有しているものの、通常は特定の要件を満たすために調達、実装されているのが現実だ。しかしながらこのアプローチでは、データとインサイトはアプリケーションサイロ内に隔離されたままとなってしまうのである。

これに対して、主要なインサイト主導型ビジネスでは、アプリケーション内にデータを埋め込み、企業全体のさまざまなグループがさまざまなデータタイプに独自にアクセス、管理し、それらを組み合わせて関連するインサイトを取得できるようにする。これにより、企業全体で適切なデータへのアクセスを一元化し民主化するのである。

それを実現するのが、Snowflake のデータクラウドだ。Snowflakeであれば、あらゆる規模の組織にとってデータから真の価値を引き出すことを妨げてきた障壁を打ち破ることができるのである。本資料では、ForresterがSnowflakeの顧客4社に対して実施したインタビュー調査の結果について、さまざまな角度から分析している。そこからは、単一のデータプラットフォームで多くのワークロードをサポート、安全なデータ共有およびデータの運用、低い運用コストでパフォーマンスを改善など、Snowflakeへの投資により得られる数々のメリットも明らかにされている。まずはご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]