編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ホワイトペーパー

データ収集で最大の問題点は何か、AI活用で世界をリードする日本企業が持つさらなる拡大余地

Snowflake 株式会社 2022-02-17

世界的なデジタルコンサルタント企業数社によると、人工知能(AI)の導入では日本企業が世界をリードする状況だ。中でも2020年時点から5年間の予測で、日本はAI支出の成長率が最も大きい地域になると見込まれている。Snowflakeのサポートで『エコノミスト』誌の調査部門が実施したデータ活用に関するアンケート調査で、データ収集に関する最大の問題点として日本の回答者が挙げた項目の1位は「データシステムやデータインフラの投資が足りない」だったことからも、データ活用へのニーズの大きさが見える。この資料では、社外とのデータ共有に関する意向についての日本と海外の意識の違いなど、データ活用に関するユーザーの考え方を、調査結果を基に丁寧に解説している。データ基盤を整え、データを最大に利用するフェーズを迎えている日本の多くの企業にとって、今後取り組むべき施策の検討に、役立つ内容となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]