編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ホワイトペーパー

セキュリティ運用サービスの意外な落とし穴、導入前に注意すべき選定ポイント

マクニカネットワークス株式会社/Splunk 2020-06-15

日々、巧妙化し続けるサイバー攻撃。今やその多くが防御しきれるものではなく、多くの組織では侵害されることを前提として、素早く検知することをセキュリティ対策として実施するようになった。

脅威を検知する手段として、EDR製品などのセキュリティセンサーを導入する企業が増えている。しかし、膨大なアラートを通知することが多く、セキュリティ担当者はログの内容に応じて相関分析したり、トリアージを実施したりする必要がある。その負荷を軽減するためのツールとして、ログを管理して自動的に分析するSIEMを活用することも一般的になりつつある。

さらに継続性まで含めた運用体制の構築を考慮して、セキュリティ運用のアウトソースサービスの利用を検討する企業も増えている。しかし、その運用時には意外な落とし穴が存在することはあまり知られていない。利用する前に注意すべき点をまとめてみた。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]