編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

ホワイトペーパー

いまやITはビジネスの生命線-AIを活用した運用管理の高度化でシステム障害に備える

ユニアデックス株式会社/日本ヒューレット・パッカード株式会社 2021-04-21

ITを基盤とするビジネスが増えたことで、万が一システム障害が起きるとビジネス機会の損失や顧客の信頼低下といった甚大な損害をもたらす恐れがある。また、障害発生後、IT部門では迅速なシステム復旧を最優先とした上で、原因究明や再発防止対策などに多くの時間や労力が必要となる。

特にシステムの構成要素が多様、かつ複雑な環境では、そもそも原因究明が難航しやすい。ときには「インフラ側なのか、アプリ側なのか?」と責任の押し付け合いに陥る可能性もある。そのためIT部門では、障害発生時の迅速なリカバリに加え、障害発生前に異常の可能性を検知し、未然に防ぐ仕組みづくりが急務の課題だ。

以下の資料では、ITインフラの要としてデータ保管・管理の重要な役割を担うストレージ環境におけるAIやビッグデータを活用した「障害発生率やダウンタイムの低減」「障害の未然防止」などを実現する最良の方法を紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]