編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ホワイトペーパー

マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

タレスDIS CPLジャパン株式会社 2021-07-20

昨今のITインフラ環境では境界線のないマルチクラウドの利用が加速し、その先には量子コンピューティングの実用化という大きな地殻変動が見込まれている。変化に対応するため、企業にはセキュリティ対策の高度化が求められる。有力な解決策を提示する企業の1つが、「データセントリックセキュリティ」を提唱するタレスDIS CPLジャパンだ。同社が6月23日に開催したオンラインイベント「Thales Crypto Summit Japan」では、量子コンピューティング時代に備えるための暗号化ソリューションと、現在進行中のマルチクラウド化時代におけるクラウドセキュリティのベストプラクティスを提示した。量子コンピューティング技術でも解読不能という「耐量子暗号」技術を提供するISARAの山田氏が、データ暗号化のリスクを解説。特にリスクの高い業種やシステムを、名前を挙げて説明する。迫る危機とその打開策が理解できる内容になっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]