編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「文章を書くAI」

ホワイトペーパー

事例から考える「急場しのぎではない未来を見据えたテレワーク環境構築」には何が必要か?

株式会社シー・エス・エス 2020-07-01

いまテレワークを導入する企業が急増している。しかし、その多くは”今”という急場しのぎの導入ではないだろうか。今後、ニューノーマルといわれる新しい生活様式・働き方が一般化する中で、先を見て導入したか、急場しのぎかでは大きな差がでてくる。

そもそも何のための導入か?それは柔軟な働き方を担保することで、従業員体験の向上、さらには生産性を高め企業活動の活力を高めるためである。そうするには、ただテレワーク環境を整えただけでは不足だ。顧客と従業員、または従業員同士が従来よりも密接なコミュニケーションをとれなくてはならない。今まさに多くの企業では顧客と在宅従業員との連絡手段が壁なっているケースが多い。

こうしたテレワークにおける現実的な課題の解決に役立つのが、VDI(仮想化デスクトップ)やクラウドコンタクトセンターサービスである。

本資料では、アマゾン ウェブ サービス(AWS)が提供する仮想デスクトップサービスと、同じくAWS上にコンタクトセンターが構築できるサービスを活用することで、在宅メンバーとの連絡手段の課題を解決した事例を詳細にわたり解説している。働き方改革につながるテレワーク実践の参考にしていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]