編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ホワイトペーパー

SAP ERPをAWSに実装することで得られるさまざまなメリット!4社の事例から詳しく理解する

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 2020-08-25

多くの企業が基幹システムとして導入してきSAP ERPを、更新時期を迎えるタイミングでクラウドであるAWSに載せ替える企業が急増している。住友化学は当初、そのままオンプレミスのサーバ更新を予定していたが、5年おきにハードウェア更新の手間とコストがかかることなどを理由に、SAP ERPの新たな基盤としてAWSを選択した。クラウドであればIoTや人工知能(AI)などの最新技術との親和性が高く対応しやすいこと、場所やデバイスを問わずセキュアなアクセス環境を利用できるため、グローバルレベルでの情報連携ができる点などを評価した。この資料では、住友化学のほか、HOYA、西洋フード・コンパスグループなどSAPをAWSで稼働させる企業の事例を詳しく紹介している。ぜひ一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]