編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ホワイトペーパー

第一三共がSAPを含む基幹システムのフルクラウド化とDX推進に成功できた理由

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 2020-08-25

“がんに強みを持つ先進的グローバル創薬企業”をビジョンに掲げる第一三共。利益創出力の強化に向けて、クラウドファーストの方針を掲げてきた同社は、2013年に再構築したSAP ERPを中心とした基幹業務システムのインフラを、2019年8月にオンプレミスからクラウド環境に移行した。

インフラ移行では、業務継続性の担保やセキュリティの維持、コストの低減、拡張性・可用性の確保、パフォーマンスの向上、災害対策(DR)の効率化などを目的に検討を重ね、最終的にフルクラウド環境の採用を決めた。

その結果、SAP系システムのサーバ運用コストを50%削減し、処理時間を約2分の1に短縮できた。さらに現在では、基幹業務データを活用したDX(デジタルトランスフォーメーション)推進に向けた取り組みを進めている。同社が実践したクラウド移行の経緯とその効果を詳しくみていこう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]