編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

ホワイトペーパー

【事例:森永製菓】ビジネス変革の嚆矢となったERPのクラウド移行-将来に備え取り組んだコト

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 2020-10-20

「AWS への移行で SAP ERP の処理時間が大幅に短縮されました。特に月末の原価計算関連の処理が 4.7 時間から 1.4 時間に短縮された効果は大きいといえます。コスト面ではインフラの維持運用コストを今後 5 年間で数億円の削減を見込んでいます』
森永ビジネスパートナー株式会社 IT グループ長 杉田 直昭 氏

2003年のSAP ERP導入以来、周辺システムを含めすべてをオンプレミス環境で運用してきた森永製菓では、デジタルネイティブな開発環境の整備し、デジタルトランスフォーメーションによるビジネス変革を推し進めるべく2017年からERPのクラウド化プロジェクトを推進、2020年1月にアマゾン ウェブ サービス(AWS)への全面移行を実現した。その効果は単純な運用コストやパフォーマンス向上による業務効率向上だけにとどまらない。

本資料では、森永製菓が抱えていたビジネス課題をどのように解決し、将来に備えた企業経営基盤の整備をすすめたかを紹介する。なかでは何故ERP基盤にAWSを採用したか、他社クラウドとの比較や、今後5年間に見込んでいる定量的な効果だけでなく、戦略的なアプリケーション開発などこれからのビジネスにおいて重要になってくるデジタルビジネスの発展への影響など、数字に表すことができない効果などを紹介している。デジタルノーマル時代のIT活用をどのように考えるか、森永製菓がだした、その一つの解答を、ぜひ自社のビジネス改革の参考にされたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]