編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」

ホワイトペーパー

損保ジャパン日本興亜が仮想デスクトップで働き方改革!拡張性とコスト削減を両立するHCIで実現

株式会社日立製作所/ヴイエムウェア株式会社 2020-08-18

損保ジャパン日本興亜は、保険会社間の競争激化への対応で、生産性向上と新サービスを創出する人材を活用するITインフラを模索していた。従業員の利便性向上、セキュリティ強化の中核が、仮想デスクトップによるテレワーク環境だった。2013年に導入したシステムは、老朽化で新環境への移行が必要となった。デジタル変革とセキュリティ強化も進めたい。パートナーとなったのは日立製作所とヴイエムウェア。日立は拡張性を確保し、コストを最適化する「日立HCIソリューション for VMware vSAN」とフラッシュストレージのハイブリッド構成を提案。資料では、2万3000ユーザーの仮想デスクトップ環境を整備し、テレワークと攻めの経営戦略を加速させた損保ジャパン日本興亜の取り組みが理解できる。ぜひご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

関連ホワイトペーパー

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]