編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

ホワイトペーパー

【事例】HCIベースの仮想化基盤で運用性の向上とダウンタイムの削減を両立することに成功

富士通株式会社/ヴイエムウェア株式会社 2020-08-18

業種業態を問わず、企業の様々な領域にITが浸透している昨今では、予期せぬシステムの停止は重大な損失を意味すると言っても過言ではない。にもかかわらず、災害によるリスクやサイバー攻撃のリスクが世界的に増大しているなど、さまざまなリスク要因がシステムの安定稼働に立ちはだかっているのが現実だ。

このような背景から、仮想化基盤の採用やサーバーやネットワークを二重化することでBCP対策を行う企業が増えている。しかしここで注意したいのが、こうした複雑な構成のシステムは、運用負荷が高まってしまいがちであるという点である。

日立鉱山を発祥とする JX金属グループは、銅を中心とした資源開発、金属製錬、電材加工や環境リサイクルなどの幅広く事業を展開しており、同社も同様の課題を抱えていた。しかし同社では、VMware vSANをベースとした富士通のHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャー)製品である「PRIMEFLEX for VMware vSAN」をベースに「VMware vSAN」のストレッチクラスタを採用。自社工場において建屋をまたいだBCP環境を構築して、大幅な運用負荷の軽減と安定稼働を実現している。本資料では、ひと月あたり5人日分の作業が不要になるなど運用工数の劇的な削減に成功した同社の経緯を、担当者の声とともに解説している。その目覚ましい効果について、まずはその目でお確かめいただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

関連ホワイトペーパー

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]