編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

ホワイトペーパー

コロナ禍で大転換が迫られているサイバーセキュリティ─すべてのエンドポイントを守るために

ブラックベリー・ジャパン株式会社 2020-08-24

新型コロナウイルスのパンデミックを受けて、ほとんどの企業がリモートワークへと急激に舵を切るなど、いまや世界中の企業がかつてないほどテクノロジーに依存してビジネスを遂行している。こうした状況でとりわけ深刻な課題となるのがサイバーセキュリティだ。確かに、パンデミック以前にも、企業は脅威を増し続けるサイバーセキュリティ環境と脆弱なエンドポイントの急増といった課題を抱えていた。しかし現在のコロナ禍では、世界中のサイバー犯罪者がこの未曾有の危機に付け込もうとしているため、従来のアプローチはもはや役に立たないのである。

コロナ禍における“ニューノーマル”な働き方では、デジタルトランスフォーメーションとリモートワークが加速すると考えられている。これにより、あらゆる種類のエンドポイントを保護し、企業の機密データを守る必要性も高まるってくる。そしてニューノーマルな世界でさらに増え続けるサイバーセキュリティ要件を満たすための総合的アプローチとなるのが「統合エンドポイントセキュリティ(UES)」だ。

これは、AI、機械学習、自動化を活用することにより、ユーザーの生産性をサポートする一方で、ITリーダーの厳しいセキュリティ要求にも応えることができる、BlackBerryが提供するUESソリューション「BlackBerry Spark UES Suite」について解説している資料である。ニューノーマル時代のサイバーセキュリティのアプローチについても詳しく説明されているので、ぜひ一読をおすすめする。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]