編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

ホワイトペーパー

最大のセキュリティ脅威である「人」、内部不正を防ぐための最適なアプローチとは?

日本プルーフポイント株式会社/株式会社日立ソリューションズ 2020-12-02

多くのビジネスがデジタル技術に依存するようになり、セキュリティの脅威が増加している。中でも、最終的な脆弱性になるのが「人」である。どれだけ強固なセキュリティ対策をシステムに施しても、介在する人が攻撃の入り口になったり、情報漏えいなどの事故が起こる可能性がある。実際、組織の内部者による不正行為によって、外部からの攻撃よりも多くの賠償金を求められたり、信用を失墜したりする事件が後を絶たない。

内部不正による犯罪は、検出が困難で調査に時間がかかるため、解決にも長い時間がかかると言われている。こうした内部不正をどう防いでいくべきなのだろうか? 以下の資料では、内部脅威に関する根本的な問題点を指摘し、内部脅威の検知と防止、インシデント発生時の効率的な対応を実現するためのポイントを解説。サイバーセキュリティの第一歩として、人的リスクへのセキュリティ対策の最適解を提示する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]