編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

ホワイトペーパー

CASBを活用してセキュアなクラウドアクセスとUSBメモリ廃止を同時に実現した証券会社FOLIO

東京エレクトロンデバイス株式会社(ネットスコープ) 2020-09-07

テーマ投資やロボアドバイザーなど多様なオンライン投資サービスを提供する証券会社のFOLIO。口座情報など多くの個人情報を取り扱う同社では、インターネットアクセスやクラウドサービスの利用時に高いセキュリティを確保することに注力してきた。

ただ、USBメモリなどを利用した情報のやりとりや、物理的に分けている個人情報を扱う専用端末や業務専用端末からのクラウドアクセスついては、課題を感じていたという。そこで採用したのが、CASB(Cloud Access Security Broker)製品「Netskope」だ。

本資料は、FOLIOがどのようにクラウドサービスの利用とデータ保護を実現し、生産性の向上につなげていったかを紹介した事例記事だ。ぜひ参考にしていただきたい

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]