編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

ホワイトペーパー

基幹システムにおける「OpenShift」適用を阻む課題を解決する最適な方法とは?

株式会社日立製作所/レッドハット株式会社 2022-10-06

デジタル変革(DX)を目指す企業の多くが、アプリケーションの開発/リリースのサイクルの短縮化を図っている。その手法として利用が急拡大しているのが、業務システムにおけるコンテナ基盤「OpenShift」の活用だ。

ただ、利用したくても運用ノウハウがなく、ためらうケースも少なくないだろう。導入メリットが高いとはいえ、基幹システムへの採用ではさまざまな障壁があるのは事実だ。特に、可用性や耐障害性を実現する構成など、綿密な設計と構築作業が必要だ。さらに、ミスが許されない中、頻繁なバージョンアップ対応やバックアップ運用に工数かかることも懸念される。

以下の資料では、そうしたミッションクリティカルなシステムにおけるOpenShift活用を可能にするOpenShiftマネージドサービスを紹介。OpenShiftの導入から安全な運用保守までを包括できる理由を解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

関連ホワイトペーパー

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]