編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ホワイトペーパー

ランサムウェア登場から15年、進化の歴史と最新トレンドから防御法を学ぶ

クラウドストライク株式会社 2020-10-30

ランサムウェアが脅威になったのはここ5年のことだが、ファイルを暗号化して身代金を要求するという攻撃は1980年代から存在している。記録されている最初のランサムウェアは1989年にフロッピーディスクを介して配布されたトロイの木馬(PC Cyborg Virus)だ。また、現在のランサムウェアの原種が登場したのは2005年であり、その後、暗号化方式が強固したり、画面ロック型が登場したりとするなど、進化を遂げてきた。本資料はそうしたランサムウェアの歴史と最新トレンドを振り返りながら、ランサムウェアの脅威にどう対抗していくべきかを解説したホワイトペーパーだ。機械学習やIOA(攻撃の痕跡)を用いた振る舞い検知など最新手法とソリューションを紹介している。ランサムウェアの全体像をすばやく把握するのに適した資料だ。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]