ホワイトペーパー

市場の混乱をひも解く!真の次世代エンドポイント保護を実現するための5つの必須要素とは?

クラウドストライク株式会社 2020-10-30

「次世代」と名づけられたエンドポイントセキュリティ製品が数多く出回るが、実際にはシグネチャベースの脅威検知など初代のエンドポイント保護機能の付け足し、オプション製品の付け足しなどで強化しただけである事が多い。問題は、大半が依然としてIOA(攻撃の痕跡)を探し出すことよりも、悪質な実行可能ファイルの阻止にこだわっていることである。

その中で、CrowdStrikeは本当の意味で次世代と呼べる新たな検知機能を備えている。諦めない攻撃者を何度も撃退できるほどの予測、防御、検知、可視化、インテリジェンスの機能を提供しているからだ。またこれらが継ぎ接ぎではなく、一つのエージェント、一つのプラットフォームで提供されている。

この資料では、今後の次世代エンドポイント保護における5つの必須要素として、ITハイジーン、次世代アンチウイルス、エンドポイントでの検知と対応(EDR)、マネージド脅威ハンティング、脅威インテリジェンスを紹介する。セキュリティの水準を高めたい企業にぜひ読んでいただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]