編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

ホワイトペーパー

ランサムウェアの現実は、規模が小さくても失うものは大きいこと!攻撃を防ぐには何をするべきか?

クラウドストライク株式会社 2020-10-30

ユーザーのファイルなどを人質に取り、身代金が支払われるまでアクセスを妨害するランサムウェア攻撃は、あらゆる企業をターゲットにしている。中堅・中小企業は金銭、知的財産、顧客データ、アクセスなど攻撃者が求めるものを持っており、最も狙われるのはアクセスだ。中堅・中小企業を介して親会社やサプライチェーンなどより大きな組織を攻撃できる。ランサムウェアのニュースは、大規模組織への攻撃を頻繁に取り上げているが、ランサムウェア攻撃が企業の規模と収益性に関連するという誤った認識を与えている。この資料では、中堅・中小企業に焦点を当てたランサムウェア攻撃の現状と、その被害を紹介するとともに、セキュリティ対策として、CrowdStrike Falconを紹介する。機械学習、エクスプロイトブロッキング、攻撃の痕跡(IOA)、自動脅威分析など幅広い機能が含まれており、次世代エンドポイントセキュリティ製品として注目されている。ぜひ一読していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]