編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ホワイトペーパー

自社のIT環境に不審な点は見られないか理解する「侵害調査」

クラウドストライク株式会社 2020-10-30

サイバー攻撃が高度化するなか、知らない間に脅威が社内に侵入するケースが増えている。昨今では、侵入した脅威を発見するまでに100日以上かかる場合も多い。インシデントが発生し、その調査を実施した場合には、侵害されたと分かった端末だけを調査対象としている場合も多く、実際に社内環境がクリアーなのかは調査されずに終わる場合も多い。本資料は、侵害調査(Compromise Assessment)によって、自社のIT環境に不審な事象がないかをプロアクティブに確認する重要性を説いたリーフレットだ。ウイルス対策ソフトや従来のフォレンジック調査には限界があることを指摘しながら、侵害調査を行うソリューションも紹介している。脅威の検知に関して気づきが得られる資料だ。ぜひご活用いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]