ホワイトペーパー

サイバー攻撃の進化に対応!次世代セキュリティを盛り込むCrowdStrikeの導入・運用ROIを解説

クラウドストライク株式会社 2020-10-30

複雑化、高度化するサイバー攻撃が従来の防御の方法を回避し始めた。フィッシング、ゼロデイマルウェア、エクスプロイト、ファイルレス攻撃などを実行し、最近ではランサムウェアなどで金銭を奪っている。50%超の企業で毎年1件以上の重大なデータ漏えいが生じており、エンドポイントが最大の標的になっている。

企業は一歩進めた脅威への対策を求めており、有力な選択肢の1つとして、次世代アンチウイルスやEDRなどを統合したCrowdStrike Falconに注目が集まっている。

調査会社のForresterはFalconによる経済的影響を評価するため、2社の顧客へのインタビューを含めた調査を実施した。この資料では、Falconがエクスプロイト検知機能、振る舞い検知機能のほか、プロアクティブな脅威ハンティング機能で高度にステルス化された脅威の存在を明らかにする、その導入・運用によるROIを試算する。示唆に富んださまざまなデータが得られる。ぜひ一読していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]