編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

ホワイトペーパー

似ているようでかなり違う「EDR製品」─ポイントごとの相違点やレベル差を徹底解説

クラウドストライク株式会社 2020-10-30

高いスキルを有する攻撃者が多大な時間とリソースを費やしてあなたの企業を狙ったとしたら、残念ながら多くのセキュリティ製品は侵入を警告することはおろか、検知すらできない「Silent failure」の状態に陥ってしまうことだろう。そして攻撃者が企業の防御機能をひとたびすり抜ければ、数週間あるいは数か月もの間、気づかれずに潜伏できてしまうのである。このような深刻な問題に対する最も有効な解決策として注目を集めているのが、Endpoint Detection and Response(EDR)だ。しかしEDR製品にはさまざまな実装方法があり、そのカバー範囲や有効性も大きく異なる点に注意が必要だ。そこで本資料では、EDRソリューション群の進化と機能を表す「EDR成熟度モデル」について解説するとともに、クラウドストライクが提供するEDRソリューション「Falcon Insight」の強みを紹介している。EDRをより深く理解するためのガイドとしてご活用いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]