編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

ホワイトペーパー

6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは

クラウドストライク株式会社 2020-11-04

データの重要性がますます高まるのに伴い、企業をとりまくサイバーセキュリティー上の脅威はかつてないほど高度化している。実際、高いスキルを持った執拗な攻撃者に狙われた場合、影響をまったく受けない企業など存在しないと言っても過言ではない。

そしてデータ侵害インシデントの60%で、マルウェアはまったく使われていない事実に象徴されるように、従来ながらの侵害の痕跡(IOC)を見つける防御アプローチは通用しなくなっているのである。

本資料では、国家など巨大な組織の関与が疑われる高度な技術を持つ攻撃者による活動の例を具体的に紹介するとともに、真の意味での次世代エンドポイント保護技術を活用し攻撃の痕跡(IOA)をリアルタイムで検知するアプローチについて解説している。サイバー攻撃を最も早い段階でブロックするためのヒントを掴んでいただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]