編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ホワイトペーパー

クラウドストライクがサイバーセキュリティ最前線レポートを公開、2021年に役立つ知見を発見

クラウドストライク株式会社 2021-06-23

リモートワークが急速に広まるなど、コロナ禍による変化は、デジタル空間の守り手であるセキュリティ企業の仕事も難しくした。攻撃者も従来の境界防御型の施策を回避し、ランサムウェアを拡散してデータを奪うなど、リモートワークで拡大した隙間やユーザーの感情、脆弱性などに付け込む。

この資料ではクラウドストライクが実施したインシデント対応や侵害調査などのサイバーセキュリティの最前線からの調査結果を紹介する。在宅環境、ランサムウェア、場当たり的な攻撃、外部公開サービスの脆弱性、国家主導型の攻撃グループ、再発防止という6つのテーマに注目し、詳しく解説する。脆弱性管理や多要素認証、バックアップなど、従来提唱してきた基本原則の重要性が改めてわかる。2020年のインシデント対応の傾向やプロアクティブサービスの考察とともに、2021年に役立つ知見を詰め込んでいる。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]