編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ホワイトペーパー

エンドポイント保護の製品選定ノウハウを伝授、シンプルかつ最高レベルの選択肢を見つけるポイント

クラウドストライク株式会社 2021-06-23

エンドポイントセキュリティはサイバーセキュリティの最も重要な要素の1つだ。多数の製品から最適なエンドポイント保護策を選ぶのは難しい。重要な指針はシンプルかつ最高レベルのセキュリティを持つことだ。クラウドネイティブアーキテクチャを通じて、防御、検知、マネージド脅威ハンティング、脅威インテリジェンスの統合、脆弱性管理とITハイジーンという5つの重要な要素を用いて保護施策を実施し、最新の攻撃をかわすことが重要であるとCrowdStrikeはとらえている。同社は、これらエンドポイントに必須の要素をそれぞれ評価し、適切なエンドポイント保護製品を見つけることが鍵になると指摘する。

この資料では、さまざまな必須機能を把握し、そこに必要となる情報、評価/検討する際に確認するべき項目を提供しており、エンドポイント保護の買い手にとって有益なノウハウを提供している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]