編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ホワイトペーパー

従来のエンドポイント対策はもはや時代遅れ、旧式のアプローチの欠点とその改善策を解説

クラウドストライク株式会社 2022-06-08

多くの企業・組織が、競争力を高めるためにクラウドサービスを活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進している。これら拡張するシステム環境で動作するエンドポイントの数は急増した。ある予測によれば、2023年までに世界中で293億台のネットワークデバイスが使用されると言われている。
こうした大幅なエンドポイントの増加によって、セキュリティチームが保護すべき境界は、従来のネットワークをはるかに超えて広がっている。旧式のエンドポイントセキュリティソリューションは、分散した動的な環境で発生する侵害の防御に役立つだろうか?
以下の資料では、旧式のエンドポイントセキュリティ対策を、現在の脅威環境で用いる場合のコストとリスクについて説明する。また、クラウドネイティブアプローチこそが、エンドポイント保護に必要な機能を提供可能である理由も解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]