編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ホワイトペーパー

なぜ、従来の定義ファイルベースのウイルス対策ではダメなのか?強力なマルウェア対策の最善策を紹介

クラウドストライク株式会社 2022-06-08

企業システムのセキュリティの脆弱性を突く攻撃は、ここ数十年で大きく様変わりした。多くの従来型のセキュリティ対策は、元々、ファイルベースのマルウェアの特定を目的として開発されて来た。しかし、攻撃者は現在、スクリプトやマクロ、メモリー上での実行などのファイルレス攻撃によって侵害を試みている。
ある調査によると、未知のゼロデイ攻撃が脅威全体の75%を占め、半数以上がファイルレス攻撃であると言われている。その結果、既存のウイルス定義やヒューリスティックスキャンでは、全体の半分の脅威も検知できない状況が起きている。
以下の動画では、既存のウイルス定義ファイルベースでは対応しきれない理由を解説し、従来よりも強力なマルウェア対策ソリューションによって、多くの管理者をアンチウイルス運用から解放し、強固なセキュリティ防御と適切な運用コストに切り替えられる具体的な対策を紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]