編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

ホワイトペーパー

攻撃者が広く採用するランサムウェアの戦術とは? 少ない時間と労力で被害拡大を食い止める方法

クラウドストライク株式会社 2022-07-26

2021年に公表された脅威追跡調査のレポートによると、2020年7月から2021年7月の間に発生した対話型の侵入活動のうち、75%をサイバー犯罪が占めているという。世界各地でサイバー犯罪の脅威が蔓延している大きな原因が「ランサムウェア」だ。

ランサムウェアを使う攻撃者は、コードとその効果を執拗に改善し続けている。特に、手あたり次第に攻撃する手法から「ビッグゲームハンティング」(大物狙い)の手法にシフト。このビジネスモデルは、アクセスを容易にするアクセスブローカーで広く採用されている。その主な原動力は、被害者のコンプライアンスに圧力をかけるための専用リークサイトだ。

多大な混乱を引き起こすランサムウェアは、すべての企業にとって大きな懸念材料だ。以下の資料では、ランサムウェアを駆使する攻撃者が広く用いる効果的な戦術を解説するとともに、少ない時間と労力でランサムウェアの被害拡大を食い止める防御策を紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]