編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

ホワイトペーパー

いまだ解消されないデータ統合の課題ー「データ仮想化」がDX時代のデータ活用成功のカギとなる

日本システムウエア株式会社 2020-11-17

DX時代のビジネスにおいて、データ活用は非常に重要な成功への要素です。そして今はさまざまなデータが日々増大する状況であり、それらのデータを迅速に事業で活用できるように統合、整備する必要があります。しかし、そうした必要性を満たすような迅速なデータ統合を実現することは容易ではありません。なぜなら従来のデータ統合技術では、今必要とされているデータ統合の根本的な問題を解決できていないからです。データの受け渡しは決まったバッチ処理であり、しかも昨今扱われるようになってきた豊富で複雑なデータ型に対応することはできません。
そうした課題の解決に、今注目されている新技術が「データ仮想化」を活用したデータ統合です。本資料では、既存のソリューションでは満たされていないデータ統合の課題の説明のほかデータ仮想化を用いたデータ統合のメリットや可能性を紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]