編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

クラウド契約の適法性から証拠力、税務対応まで、これ一冊で対応可能な「クラウド契約法律ガイド」

弁護士ドットコム株式会社 2021-06-28

脱ハンコやペーパーレス化が叫ばれるなか、電子署名を業務プロセスに組み込む動きが加速している。電子署名を組織内に展開していく場合、クラウド契約に関する基礎的な法律知識が求められるシーンも増えてくる。例えば、取引先との契約で電子署名はどう有効なのか、取締役会議事録や商業登記添付書類でも利用できるのか、印紙税はどうなるのか、保存義務にどう対応するのかなどだ。そんななか有益な情報を提供しているのが、国産の電子契約サービスとして大手企業を中心に採用が進んでいる弁護士ドットコムの「クラウドサイン」だ。本資料では、クラウドサインの専門家の監修のもと、クラウド契約に関する「適法性」「証拠力」「税務対応」の3点について、必要になる法律知識をわかりやすく解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]