編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

ホワイトペーパー

データベースをオラクルからAmazon Auroraへ移行!保守、ライセンスの悩みを一気に解決する

TIS株式会社(AWS) 2020-11-30

Oracle DatabaseをAWS上に移行したいが「保守コストが高い」などの課題に直面することがある。このほかオープンソースDBへの移行、DB運用負荷の軽減や効率化など、DBの運用に関する悩みを持つ企業は多い。

それを一度に解決する手段として、AWSはマネージドデータベースサービス「Amazon Aurora」を提供している。コストは同等の性能をもつ商用データベースの10分の1、速度は標準的なPostgreSQLと比べて最大で3倍ともいわれる。大手システムインテグレターのTISはAmazon Auroraへのスムーズな移行を支援する「Amazon Auroraマイグレーションサービス」を展開する。DBライセンスや保守コストの削減と最適化、拡張性・可用性・柔軟性の確保、運用管理の効率化を図れる。分析力、推進力、対応力、信用力などの総合力により、安心して任せられるのが魅力である。

この資料では、サービスの詳細について詳しく解説している。ぜひ一読していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]