編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

ホワイトペーパー

サイバー攻撃の発覚まで平均380日以上も “鈍感セキュリティ部隊”の立て直し方のコツ

株式会社サイバーセキュリティクラウド 2021-07-16

年々、巧妙化するサイバー攻撃に対して、多くの企業ではインシデントに対応する組織作りを強化している。また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大をきっかけとして、テレワークが増加して働き方が変化し、業務システムのクラウド移行が進んだ。しかし、新たなセキュリティの問題が浮上してきた。

いざ企業内にCSIRT/PSIRTなどのセキュリティ専門部隊を設置しても、「気づかない」や「復旧に時間がかかる」など、うまく機能していないのが実態だ。サイバーセキュリティクラウドの調査レポートでは、受けた攻撃が企業で発覚するまでの平均日数は約383日、その内、90日を超える企業が約51.7%と半分以上に上るという。また、発覚してから公表までの平均日数は約69日で、公表までに90日を超える企業が30.9%となっている。

以下の資料では、こうした形骸化を防ぎ、“鈍感セキュリティ部隊”から脱却できる具体的な対処方法を解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]