編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ホワイトペーパー

外食産業のDX-顧客満足を高めるためのIT活用を元タリーズ松田氏に聞く

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ合同会社(Intel) 2021-04-05

パンケーキブームの火付け役として広く知られるハワイアンカジュアルレストラン「Eggs ’n Things」。運営元のEGGS ’N THINGS JAPANでは、デジタル技術の積極活用による新たな顧客体験の創出に挑んでいる。来店客の座る位置をセンサー技術を用いてリアルタイムに可視化する「カスタマートラッキングシステム」がその一例だ。

どの客が何分待っているかを可視化し、料理提供が前後した際に声をかけるなどすることで、不公平感の解消にもつながるなどスムーズで快適な顧客体験を実現している。同社の代表取締役であり、タリーズコーヒージャパン創業者でもある松田公太 氏は「外食産業におけるDX化は、他業界のように単にITを導入して業務効率を上げるだけでは不十分だ」と指摘する。その意図とは? 以下の資料では、松田氏が外食産業のDX化の成功ポイントを語る。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]